[携帯モード] [URL送信]

Main
2


「……………。」


何故か考え込むように、しずかちゃんは俯いた。
…疲れと混乱を表すように、額に手をあてて。


「………えーと。何から訂正したらいいか分からないけど、取り敢えず。…オレに彼女はいないよ。」

「あれ?そうなの?」

「そうなの。」


…ああ、そっか。

そういえば、桜子さん、婚約者だって言ってたよな。


「…ちなみに、桜子とも、何でもないから。」

「!」


心の声を読まれた!!

そんなにオレって、読みやすい思考回路してんのか。


「家同士が決めた名ばかりの婚約者だし。桜子見ても分かるでしょ?互いにそういう感情はゼロだよ。」


「…………。」


しずかちゃんの言葉に、オレは昨日の桜子さんの様子を思い出す。


しずかちゃんに、婚約解消の話題を振られ、表情を僅かに陰らせた彼女を。


…勝手な推測だから、確証なんて無いけど、少なくとも桜子さんは、しずかちゃんと婚約解消したいなんて思ってない気がする。


でも、ソレはオレが言っていい事じゃない。


部外者が首を突っ込んでいいラインを超えてるから。


.

[*前へ][次へ#]

8/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!