[携帯モード] [URL送信]

Main
何がしたいの。


西崎もすっかり何時もの調子を取り戻し、武藤をうろんな目で一瞥すると、呆れたように嘆息した。


「…男の嫉妬は見苦しいぞ。」

ぼそり。


呟かれた一言に、ピクッと武藤の肩が揺れた。


武藤は眉間にシワを寄せつつも、端正な顔に皮肉げな笑みを浮かべる。


「…目、赤くしている奴に、言われたくねぇな。」

ぼそり。


今度は西崎の肩が、ピクッと揺れた。


え、


ちょ…


何、この空気?



「「…………。」」


置いてきぼりなオレを放置し、二人は無言で睨み合っている。



「……気をきかせて席を外したんじゃないのか。今更蒸し返すのは、男らしくないんじゃないか?」


ため息まじりにそう言った西崎は、嘲笑を浮かべつつ、『小せぇ男』と吐き捨てるように付け加えた。



「人の好意を無にするような発言をしたのは、そっちだろーが。」


西崎の言葉を、ハッと鼻で哂い一蹴した武藤は、『陰険野郎』と、同様に付け加える。


.

[*前へ][次へ#]

3/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!