[携帯モード] [URL送信]

Main
5


『あと部屋にも来んな。お前は朝までもう、部屋から一歩も出るな。』


畳み掛けるように、次々先手を打つ青さんに、オレはグッと言葉を詰まらせる。


「………何で、ですか?」


『…今日は色々ありすぎた。奴らに気付かれてもおかしくねぇ。…これ以上お前を危険に曝すつもりはねぇぞ。』



苦々しい口調で、青さんはボソリと付け加えた。


…ちったぁ、護らせやがれ、と。




「………っ、」


何言ってんですか、ってツッコミたかった。


いっぱい、護ってもらいました。


ずっと貴方は、オレを沢山甘やかして護ってくれましたよ。


貧しいオレの語意じゃ、言い表わせない位、凄く、…凄く救われました。



この感謝を上手に伝えたいのに、オレの頭も口も上手く回らなくて、


それでも、どうにか伝えようと開いたオレの口からは、何故か違う言葉がこぼれ落ちた。






「……………………………………いたく、………痛くない、ですか?」


.

[*前へ][次へ#]

11/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!