[携帯モード] [URL送信]

Main
5


最後は吐き捨てるかのような乱暴な言葉遣いで、しずかちゃんは言うと、立ち上がる。


「…お話はそれだけなら、もう失礼します。」


お父さんの顔も見ず、そう言ったしずかちゃんは、踵を返した。


オレと日下部先輩は、顔を見合せ、お父さんに頭を下げ、出ていくしずかちゃんの後に続く。


「…静!」


その後ろ姿に、お父さんは一方的に話し掛けた。


「後日、弁護士立ち会いの元、発表するつもりだ…先に結婚した者を、後継者とする、と。」

「…っ!!」


しずかちゃんは、バッと振り返る。


「私がお前を指名したとしても、耀子も尚久も、納得はしないだろう。お前は、バックにつく者もいないしな。…だから、」

「だからスンナリとオレが家を継げるように、取り計らって下さったって!?…ふざけんな!!頼んでねぇよ!!!…くだらない争いに、撫子ちゃんと桜子を巻き込むんじゃねぇ!!!」


今度こそしずかちゃんは、激昂した。
オレも、止められない。…否、止める気もない。


「……………。」


肩で息をするしずかちゃんをじっと見つめ、お父さんは、静かに口を開く。


「…最低な事をしている自覚はある。だが止める気はない。」


私には、時間が無いんだ。
そう、お父さんは、もう一度繰り返した。


.

[*前へ][次へ#]

23/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!