[携帯モード] [URL送信]

Main
先輩


あれから、しずかちゃんのお母さんと別れ、オレはしずかちゃんと共に、ある部屋の前にいる。


「失礼致します。」


声をかけ、しずかちゃんが開けた障子の向こう、


「…………、」


畳の上に敷いた布団の上、上半身だけ起こした男性は、まるで紙のように真っ白な顔をしていた。

多分、年齢的には40代位な筈。
けれどもっと年上に見えてしまうのは、痩せ衰えた身体のせいだろう。
皺のよった手は、指一本で折れてしまいそうにか細い。…枯れ枝のように。


「…静か。」


けれど、低い声は威厳を持ち、表情も厳しく、凛としている。
病床にあっても尚、当主として相応しくあるこの人が、


「お早ようございます。父上。」


しずかちゃんの、お父さん。


「…其方も、静のご学友か?」


そう言われて、オレは、ハッと我に返った。


挨拶しなきゃ、とオレが視線を向けた先、


しずかちゃんのお父さんの横で、こちらに背を向けて座っていた人が、振り返る。


サラリ、と漆黒の髪が揺れ、眼鏡越しに、硬質な光を宿す瞳が、オレを見て


大きく、見開かれた。


「……………。」
「……………。」


オレも彼を見て、目を瞠る。


音も無いまま、彼の形の良い唇がオレの名を、綴った。

凛君、と。


.

[*前へ][次へ#]

17/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!