[携帯モード] [URL送信]

Main
父の仕事


「…『紗鞠』って、あの、サマリ!?」


しずかちゃんが、唖然とした顔で呟く。


オレは苦笑しながら頷いた。


ご存知ですか?なんて言ったけど、よっぽど世情に疎い人ならともかく、大抵の人は知っていると思う。


安価でいい品を!!をモットーに、和と洋を組み合わせた独自のブランドを展開し、今や全国に数百店舗を誇るアパレル会社。
先頃、海外にも進出を果たしたとニュースでやっていた。


ちなみに近所のショッピングモールにも入ってます。


女の子にも人気だけど、メンズも扱ってるから、オレもたまに入ったりする。
正直、自分の親の会社だっていう実感は、ゼロ。


オレにとっちゃ、『テレビで見てたアイドルが、実はオレの義妹!?』とかのギャルゲー程に現実感がない。


「…………。」


言葉を失っている、しずかちゃんのお母さんに、オレは、困惑したような目を向ける。


「…あの、ご存知なかったら、無理なさらないで下さい。」


オレの言葉に、しずかちゃんのお母さんは、我に返ったように肩を揺らした。


.

[*前へ][次へ#]

15/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!