[携帯モード] [URL送信]

Main
ご挨拶


ニッコリ余所行き笑顔を浮かべるオレに、しずかちゃんは目を軽く瞠った。


宜しくお願いします、と付け加えると、しずかちゃんのお母さんの、厳しい表情が、僅かに緩む。

やっぱり、育ちが良さそうなお坊ちゃんの方が、好感度はアップするらしい。
…まぁ、オレは育ち良くないけどね!


「まぁ、ご丁寧に。私は、志藤家当主、道明の妻、耀子です。」


微笑を浮かべながら、そう挨拶を返してくれたお母さん…耀子さんに、オレは内心、安堵の息を洩らした。
第一印象って、大事ダヨネ!


…しかし、随分遠回りな挨拶だな。静の母です、でいいじゃん。



「静さんより年下なのに、随分しっかりしているわ。きっとご両親の教育の賜物でしょうね。」


何とも返答しづらいコメントを、オレは曖昧に笑って濁した。


「親御さんは、何のお仕事をなさっているのかしら?」


さっきの遠回りな言い方とは真逆に、直球来ました。


「…母上、」


苦い顔付きで間に入ろうとしてくれるしずかちゃんの袖口を、少し引いた。


視線を向けたしずかちゃんに、大丈夫、との意志を込め、オレは苦笑して首を振る。


.

[*前へ][次へ#]

13/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!