[携帯モード] [URL送信]

Main
2


母上……お母さん!?


言われて、マジマジと女性を見てしまった。


決して派手な顔立ちでは無いが、凛とした雰囲気と姿勢が、とても美しい人だ。

…でも、正直、しずかちゃんには全く似てない。


しずかちゃんのお母さんが雰囲気美人なら、しずかちゃんは、天然モノ。
華やかな美貌は、生まれ持ったものだ。


性格は分からないけど、印象も、違う。
キツそうな、張り詰めた雰囲気のお母さんに対し、緩く人懐っこいしずかちゃん。


…ま、似てない親子なんて沢山いるだろうけど。


………でも、それ以上に、この人がしずかちゃんのお母さんに見えないのは、



「……………。」
「……………。」


この気まずすぎる空気のせい!!


親子なんだよね!?何でこんなに空気が重いの!!?


「まだいらしたの。学校の方は、大丈夫なのかしら?」

「…そうですね。学校も気にはなりますが、父上の許しが出なくては、戻る事も出来ませんし。」


表面上は、二人とも、笑顔。


でも、空気は凍りまくっている。


.

[*前へ][次へ#]

11/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!