[携帯モード] [URL送信]

Main
あれ?


まぁ、仮にも(←)先輩なので、そんな事出来ずに、オレは手をワキワキとさせるだけに止める。


フゥ、と息をつくと、それに反応したようにビクッと体を揺らすのが可笑しくて、笑いを堪えた。


「大丈夫だよ。…寝呆けてたんでしょ?」


苦笑しながら、そう問うと、しずかちゃんは眉を情けなく下げながら、コクリと頷く。


「……夢だと思ってた。」

「しょうがないなぁ、しずかちゃんてば。」


しゅん、とうなだれる可愛いらしい様に、オレは苦笑を深めた。


「間違えたら、彼女さんにも失礼だよ?」

「…………は?」


オレが締めくくりとばかりに、注意を付け足すと、数秒、間を開け、しずかちゃんは唖然とした声と共に顔をあげる。


「?……だーかーら!オレみたいな凡人…しかも男と、彼女さんを間違えたら失礼でしょ、って言ってんの。」

「…………………。」


オレがそう説明すると、何故かしずかちゃんは、更に目を丸くした。


あれ?


何か間違ってる?オレ。


.

[*前へ][次へ#]

7/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!