[携帯モード] [URL送信]

Main
4


「…………?」


襖を背に、張り付くみたいな格好のしずかちゃんを見ると、何故か彼は、さっきのオレみたいに顔を真っ赤にしている。


テンパるしずかちゃんを見て、何か逆にオレは冷静になってきた。


真っ赤な顔でも美形な彼の顔を、マジマジと見つめていると、視線に耐えきれなくなったように、しずかちゃんは、ふい、と顔を逸らす。


…何か可愛い生き物がいる。


男前なのに、照れる様が可愛いとかズルいよね。と、至極どうでもいい事に思いを馳せるオレ。


無言が数秒続き、やがてポツリと、小さな呟きが落ちた。



「…………………ゴメン、ね。」

「…!!」


真っ赤な顔で俯きながら、此方を窺うように、目線だけ寄越すしずかちゃんに、オレはズキューン!!と撃ち抜かれそうになる。


だって、ワンコがいる!!


毛並みの良い大型ワンコが、耳と尻尾をへたらせ、でもって『怒ってる?怒ってる?』みたいな顔でオレを見てるんだよ!?


怒ってなんかないさ寧ろドーンと来い!!
ムツ○ロウさん並みに、ヨーシワシャワシャしてやんよ!!


.

[*前へ][次へ#]

6/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!