[携帯モード] [URL送信]

Main
3


「……………りっちゃん?」


林檎も負ける位、顔を真っ赤に染め、チューされた方の手を握り締めるオレを、しずかちゃんは見開いた目で見つめ、もう一度名を呼んだ。


そうだよ、オレだってば。


なんで彼女さんにするみたいに、無駄に甘い朝を演出して下さってるんですかアナタは!!


「………え?…あれ?………夢、だよね…?」


何故かしずかちゃんは、混乱したように何かを呟いた。
テンパっていたオレは、そんな言葉の意味なんて、考えてなかったけど。



「………………りっちゃん、」

「……なに。」

「…………これ、現実…?」

「…勿論。」

「………、…っ!!」


オレの言葉を聞き、頭の中で繰り返すかのように、数秒、固まっていたしずかちゃんは、息を飲み、突如ガバリと起き上がった。


「………っ」
「うわっ!?」


頭突きしそうになるのを、慌てて回避。


起き上がったしずかちゃんは、素晴らしい身のこなしで、オレから離れ、飛び退さる。


おお。
オレがさっき、やりたかった行動だね。


.

[*前へ][次へ#]

5/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!