[通常モード] [URL送信]

Main
2


つーか誰かと間違ってるよ!?しずかちゃん!!


このままじゃ、オレとチューしちゃうし!!


オレは間近に迫った彼の顔を、遠慮も色気も無く、はしっと掴んだ。


「しずかちゃん待った!!…オレだよ、分かる?」


「……………?」


しずかちゃんは、必死な形相のオレを見上げながら、不思議そうに首を傾げる。


「………りっちゃん?」

「そうオレ!!」


相変わらず覚醒してなさげな、ぼんやりとした様子で、しずかちゃんは何かを考え込む。


そして何を思ったのか…


彼の頬を両側から挟んでいたオレの手、…親指に


チュ、とキスを落とした。


「×○☆◆※■■〜!?」


オレは声無き悲鳴をあげ、バッと手を引く。


ちなみに体ごと飛び退りたかったが、しずかちゃんの頭が膝の上にあるので無理だった。


しかし、ガクン、と揺らしてしまったせいで、しずかちゃんの目がパチッと開かれる。


ぼんやりとしていた雰囲気は霧散し、ちゃんと覚醒したらしいしずかちゃんは、数度瞬きをし、マジマジとオレを見た。


.

[*前へ][次へ#]

4/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!