[携帯モード] [URL送信]

Main
キラキラ


「………………。」



障子越しの光と、遠くから聞こえる小鳥の囀りに、ゆっくりと意識が浮かび上がってくる。


「………………。」


もう朝か。なんて、ぼんやりと考えていると、肩と首が痛い事に気付く。


…ああ、昨日あのまま寝ちゃったんだ。壁に寄り掛かって。


眉間にシワを寄せつつ、ゆっくり目を開ける。



「……………………。」



ぼー…っと頭が働かない状態のまま見つめる先には、寝顔も美しすぎる美形さんがおりました。


障子越しの明かりに照らされ、柔らかな光を放つハニーブラウンの髪。
タレ目がちの甘い目元、伏せた長い睫毛。

薄く引き結んだ唇や、シャープな顎から頬のライン。

いつも浮かべている笑みのない、しずかちゃんの顔は、思わず感心してしまう位、整っていた。


あの緩い感じの笑みが、人懐っこさを醸し出し、近寄りがたい雰囲気を緩和させてんだな。


「………………、」
「あ。」


じっと不躾に見つめてしまったせいか、彼の眉間にシワが寄り、瞼が震え、目覚めの兆候を見せる。


「………………。」


やがて、ゆっくりと目蓋を押し上げ、金茶色の瞳が現れた。


.

[*前へ][次へ#]

2/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!