[携帯モード] [URL送信]

Main
罪人の詩


オレの罪を聞いてほしい。




オレの一つ目の罪は、
忘れようとした事。


自分の中に抱え込む事に耐えきれ無くなって、ソレから目を反らそうとした事。



二つ目の罪は、
偽った事。


陰鬱とした自分を厭い、明るく軽く振る舞い、周りと自分を欺こうとした事。



三つ目、



…三つ目は、


下らない虚勢に周りを巻き込んだ事ではなく、
複数の人間と、戯れに関係を結んだ事でも、無い。





オレの三つ目の罪は、



――君の手を掴んだ事。



汚してはいけないと知りつつ、
優しい君を、引き摺り込んではいけないと、分かっていながら、


君の手を未だ、


離せない事。



神様ではなく、

君に、願う。


……いつか、


いつか離すから。


手遅れにならないうちに、オレから逃がしてあげるから、



だからどうか、今だけは、





この手を拒まないで。


.

[次へ#]

1/98ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!