[携帯モード] [URL送信]

Main
暗殺!?


「君っ!!」
「へ?」

聞き慣れない声と共に、後ろから突然襟首を引っ張られた。
おおっ!?


ガシャーンッ!!

「うひゃっほーーいっ!!?」


ああ、ヘンな声出た。


冷静に己に突っ込んでいるオレの足元には、散乱した元鉢植えだった破片。

上を見上げれば、3階の窓が開いてる。


…おいおいおい。
流石に死ぬよ?死んじゃうよ??


「…怪我はないか?」
「へ?」


声を掛けられ、漸く、誰かの腕に抱き留められている事に気付いた。

…おお!


顔を上げて、思わず心中で、呟いた。
きっとオレは今、金運ではなく、健康運でもなく、美形運があるんだ、と。

見上げた先のその人は、かなりの美人さんだった。

縁無しメガネの奥の、釣り上がり気味の黒檀の瞳や、サイドだけ少し長めの真っ直ぐな黒髪が、まるで日本人形のようだ。


男前ってよりは、完璧、美人って言葉の方が似合う。
怜悧って言うのかな…触れたら切れそうな知的美人。

「…君?」
「はっ…!」

しまった!恩人を放置してトリップしてた!

知的美人は、怪訝そうに、柳眉を寄せている。


.

[*前へ][次へ#]

25/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!