[携帯モード] [URL送信]

Main
Side日下部
※日下部視点です。


――深夜、


私は、ある部屋の前にいた。


腕時計に目をやると、他人の部屋を訪問するには非常識にあたる時間帯を指している。


が、部屋の主は起きている確信がある私は、躊躇無くドアをノックした。


――コンコン、

「…日下部です。」


ノックと同時に名乗る。


『…入れ。』


暫くして、中から低い美声が返ってきた。


渡されているスペアキーを使い扉を開けると、中から光が洩れる。
…予想通り、部屋の主は起きていたようだ。



リビングの皮張りのソファーに深く身を沈め、手元の書類を捲る男は、視線を此方に向ける事なく、短く問うた。


「…何の用だ。」


「遅くに申し訳ありません。…先程、下の者から受けた報告に、緊急性を認め…」
「前置きはいい。」


艶のあるバリトンが、低く切り捨てる。


「簡潔に纏めろ。」


「は。…セキュリティに、多少の乱れが出たようです。ほんの数秒なので、システムトラブルかとも思われますが、外部からの干渉の可能性も捨て切れませんので、ご報告させていただきました。」


.

[*前へ][次へ#]

13/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!