[通常モード] [URL送信]

Main
4


「!?」


玄武さんより高めの、けれど耳に心地よい落ち着いた声。


意識を取り戻したって聞いてたし、一緒に戻ってきてるんだから、不思議でもなんでもないのに。


それでもオレは、声が上手くでなかった。


「…………あ、おさ…」


絞りだした声は擦れていて、さぞや聞き辛いだろうな、なんて思っていると、電話越しに短く笑い声がした。


多分浮かべているのは、大人びた苦笑。


しょうがねぇ奴、みたいな顔で笑っているんだろう。


『なんつー声出してんだよ…阿呆。』


「……だっ、て…」


…怪我は、


怪我は、大丈夫なんですか?


痛いですか、辛くないですか、


もう、心配ないんですか…?


取り留めの無い思考に、オレが言葉を紡げずにいると、青さんは全部お見通しな様子で短く嘆息した。


『オレは無事だ。…だから、くれぐれも迎えに来たりすんじゃねぇぞ。』

「えっ…?」


.

[*前へ][次へ#]

10/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!