[通常モード] [URL送信]

Main
2


「「…………。」」



二人は押し黙り、ギロッと互いを睨み付ける。


どっちも冷静なタイプなのに、今の二人はどっちも余裕なんて感じられない。




「…お前だって底意地悪いだろうが。」

「いや。どんなにオレが悪巧みしたって、お前には適わねぇよ。」

「ほぅ…。まぁそうだな。単純馬鹿には無理だ。」

「そうそう。陰湿で根暗なお前の方が、むいてんだよ。」






…………………………………………ハッ!

と、止めた方がいいのか!?
ついつい呆気にとられて、見守っちゃったよ。


……馬鹿馬鹿しすぎて。



オレが呆れながら、内心でため息をついている間にも、戦い(笑)は激化し、ついにはただの悪口合戦になっている。


「…自己中。」

「…陰気。」

「眉なし。」

「無くねぇし…地味顔。」

「それは別に全く気にならん。寧ろ気に入っている。…ムッツリ。」

「隠してねぇよ。寧ろオープンだ。」


「…………。」


…………何だこのグダグダ口論。



見てていたたまれないんですが…。


.

[*前へ][次へ#]

4/118ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!