[携帯モード] [URL送信]

Main
Side ???
※???視点です。


「………。」



カタカタと、キーボードを打つ無機質な音だけが、部屋の中に響く。



オレは戸口に立ち、背を壁に凭れかけ、無言で待つ。

オレを呼んだのは、目の前の男。

オレは腕組みしたまま、次々と開くウィンドウが、男の無表情な横顔を照らすのを、ぼんやりとただ眺めていた。







「……おい。」
「何だ。」


抑揚の無い声が、短く問い返す。
その間も、男の目は画面を見たままで、尚且つ、キーボードを叩く指の速度も全く落ちない。

「いい加減、用件言え。」

忙しくはねぇ…が、眠い。
こんな所に長居する位なら、とっとと自室に戻って惰眠を貪っていたいだけだ。


男は暫く返事を返さない。


数分が過ぎ、オレが焦れた頃、パン、と締めくくるように少し大きな音をたてて、エンターキーを押した男は、漸く椅子を回して、こちらに顔を向けた。


いつもは掛けていないシルバーフレームの眼鏡が、男を一瞬、別人のように見せた。
…否、眼鏡なんて、ちゃちな小物のせいじゃない。

雰囲気そのものが違う。

今のコイツを見て、凡庸なんて言葉を吐ける人間はいないだろう。


冷徹で無慈悲。
周りを食い物にする血も涙もない
『情報屋 ハイエナ』
の二つ名に相応しい、仄昏い瞳。




[*前へ][次へ#]

22/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!