[通常モード] [URL送信]

Main
Side 静
※静視点です。


「ただいま〜。」


バタン、と音をたてて、後ろ手に扉を閉める。

「遅ぇ。」

途端、不機嫌そうな声がかかる。


オレが声の方向を向くと、座り心地の良さそうな革の椅子に座り、長い足を執務机の上に投げ出した男が、冷たい視線でこちらを睨んでいる。


大抵の者が、矜持も何もかも投げ出して平伏しそうな、絶対零度の視線。
放つ空気も、肌があわ立ちそうにピリピリしていた。


…おっかねー。

内心でそう呟きながらも、ヘラリとオレは笑う。

「ごめんねー?…ちょっと面白い事があってさ。」


オレが笑顔を向けると、凍てつく美貌の男は、益々不機嫌そうに、柳眉をひそめる。


「…気持ち悪ぃくらい上機嫌だな…。」


その言葉に、オレはキョトンとした。



……機嫌良いのか?オレ?


分からない。
自分の機嫌なんて、大して気にしないし。
まぁ、周りの機嫌は、もっと気にしないけど。


そっと、自分の胸に手をあててみる。



……ああ、でも。


久々かも。こんな良い気持ちなの。


セックスの快感とは全然違う。
体は気持ち良くなって、テンション上がるけど、終わった後、決まって不快感が沸き上がる。
気持ち悪いんだよねー。人肌の温度と、あのベタつき…。

りっちゃんと一緒の時は、ただ暖かかった。
日向ぼっこしてるみたいなかんじ。


「…面白いコに会ったんだ。」




[*前へ][次へ#]

19/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!