[携帯モード] [URL送信]

Main
5
※未来視点です。


「…っ、」


ドクン、
と心臓が大きく脈打った。


耳鳴りと、激しい頭痛が襲う。
プレッシャーで、吐きそうだ。



バクバクと早鐘を打つ胸を、自覚もないまま押さえながら、僕は、声を絞りだす。


「……あ、の子…って…?」


声が、不自然に擦れた。


それを、しまった、と悔いる前に、目の前の彼の瞳に飲み込まれた。


「…っ!!」


彼は、綺麗な形の唇に笑みを刷く。


天使の如き美貌が浮かべた笑みは、まるでこの世のものとは思えない位、美しくも妖しかった。


底知れぬ闇を秘めた瞳に、引っ張られる。


為す術も無く、奈落の底へ引きずり込まれそうだ。



「…質問しているのは、オレです。」


ヒヤリとした声音に、斬って捨てられた。


ゆっくりと伸ばされた手が、僕の顎を捕らえる。


「…!!」


恐ろしさに、あがりそうになった悲鳴をどうにか飲み込み、見上げた先の彼は、反論を許さない支配者の顔で、嗤った。


「…もう一度、聞きます。……あの子は、『陰』は、何処にいますか…?」


.

[*前へ][次へ#]

15/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!