[携帯モード] [URL送信]

Main
Side 未来
※未来視点です。


「昔話をしましょうか。」




キラキラと輝く、陽光を紡いだようなプラチナブロンドの彼は、異国の王子様のような、綺麗な笑顔を浮かべて、そう言った。


姿も、笑顔も、


斎藤が呼んだように『太陽』そのものな青年。



けれどその瞳は、深遠の淵のように、



底知れない闇、そのものだった。



「………。」


その瞳にのまれ、僕は、言葉を返す事も出来ない。


彼の部屋に半ば強引につれてこられたけれど、別に乱暴な扱いを受けたわけではないのに。


今まで出会った人の中で、誰よりも


僕は、この人が、怖い。


冷や汗で冷たくなった掌を握り締め、俯いたまま、身動ぎ一つ出来ない僕を、全く気にせず、彼は笑顔のまま話始める。


「…小さい頃のオレって、凄い体が弱いガキだったんですよね。」


オレの向かいのソファーに深く身を沈めた彼は、懐かしんでいる様子も無く、淡々とそう言った。


.

[*前へ][次へ#]

11/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!