[携帯モード] [URL送信]

Main
天秤


「…………。」


「……。」


黙って俯いてしまったオレの頭を、後ろから、ぽん、と軽く叩かれる。


見るまでもなく分かる、武藤の優しい、手。


顔を上げると、心配そうな西崎と目があった。


支えられているって、実感する。


無くせないって、改めて思うんだ。



「……。」


ヘラリと笑うと、西崎は益々心配そうな顔になる。


きっと失敗したんだろうな、笑顔。


「……あ。」


「あ?」


わざとらしくも声をあげると、武藤がオレを見下ろして、視線で続きを促した。


「…センセにはお礼したけど、青さんにはまだお礼してなかった。何がいいと思う?」


「…知るかよ。」


わざとらしい話題変換にも、武藤は突っ込まないでいてくれた。


「だって青さん、甘いもの嫌いだし。…揚げ煎とかどうかなぁ?」


「…メールで聞け。」


「成る程。」


オレらが、いつもの調子で話してても、西崎は口を出さずに、顔を曇らせたまま、オレを見ていた。


…そんな顔、しないで。


大丈夫だから。


西崎のせいじゃないんだ。


身動き出来なくなったのは、オレ自身のせい。



大切なものをつくりすぎた、


オレの自業自得なんだ。


.

[*前へ][次へ#]

10/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!