[携帯モード] [URL送信]

Main
2


「書記の名雪圭吾は、父親は有名デザイナー。母親はモデル。姉と妹もモデル。…奴自身は、中等部に上がる迄は絵画コンクールを総なめする神童だったらしいが、上がると同時に辞めたらしいな。理由はわからんが。」


…ただの爪フェチの人かと思ってた。


「…最後は、会計の日下部京一、だが…」


何故か西崎は、そこで言葉を区切り、オレをじっと見る。


「……な、何?」


「…お前の話を聞いていて思ったんだが、お前は会長と名雪には警戒しているが、他の二人…特に日下部に対して警戒が薄いように感じた。」


「…それは、」


確かに…そう、かも。


だって日下部先輩には、今日だって守ってもらったばっかりだし。


オレの表情から、言いたい事を汲み取ったのか、西崎は僅かに眉をひそめた。


「他の連中同様、日下部京一も警戒しろ。…敵だという事を忘れるな。」


苦い顔のまま、息を吐くように告げられた言葉。


「…日下部京一は、御門暁良の狗だ。」


「…は?」


.

[*前へ][次へ#]

7/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!