[携帯モード] [URL送信]

Main
番犬のお家事情


オレがコーヒーを飲んで、一息つくと、一拍おいてから、西崎は話を切り出した。


「…確認するが、これでお前は、生徒会全員と接触した事になるんだな?」


西崎の問い…というか念押しに、オレは頷いた。


「…会長には、顔は見られてないけど。」


「それは不幸中の幸いだな。」


フゥ、と短く嘆息し、西崎は呟いた。


…すいません。
ホント迂濶な子ですいません。


「…まずは会長の御門暁良だな。極道…といっても、経済界にも進出し、手広くビジネスを展開する御門家の次男坊だ。」


…うん。
実家がや○ざさんだってのは、知ってる。


「次男といっても、扱いは奴が後継者、といっても過言ではないな。既に、子会社の経営に携わっているようだし。」

「まだ高校生なのに!?」


後継者、とかのくだりより、そっちに反応してしまった…。
だっていっこしか年違わないのに、経営って…全然ピンとこない。


「ちなみに、志藤静も次男坊。…こっちは大分出来の良い兄貴がいるようだし、家を継ぐ事はまず無いだろうが、一応華道の家元だ。」


か、華道…?


………言っちゃなんだけど、…似合わないね。


.

[*前へ][次へ#]

6/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!