[携帯モード] [URL送信]

Main
説教終了


「……。」


西崎は、フイ、と視線を逸らした。


こういうやり取りは苦手らしくて、決まり悪そうな顔でそっぽを向いてしまう。


照れ隠し?
とか聞きたい所をぐっと我慢です。

あんまり調子こくと消されますので。


「…そういえば、新しく伝えておく事があった。」


「ん?」



西崎は、気を取り直したように、オレに視線を戻す。


「…少し、生徒会メンバーについて調べた。」


といっても、表面的な部分だけだが。
と西崎は付け加える。


「…生徒会の、情報。」


「まぁ、その前に…取り敢えず座れ。」


そう言って西崎は、向かいのソファーを指差した。


…確かに、いつまでも見下ろされてるのは、ちょっと居心地悪い。


ヨイショ、と立ち上がり、痺れた足をさすりながらソファーに座ると、後ろからカップが差し出される。


見ると、背もたれに寄りかかったまま、事態を傍観していた武藤だった。


「ありがと。」


礼を言って、マグカップを受け取る。


向かいでは、西崎もコーヒーに口をつけていた。


…武藤って、実はさりげに気が利くよね。


.

[*前へ][次へ#]

5/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!