[携帯モード] [URL送信]

Main
2


「…斎藤。」


「………ハイ。」


西崎に呼ばれ、オレは小さく返事をした。


「…話を総合すると『逃げている最中に、生徒会会計と書記に遭遇し、隠れたが見つかり接点を持ってしまった』という事でいいか?」


「……………ハイ。」


ヤバイ。
何かお白洲受けてる気分になってきた。

遠山の金さんとかがやる、アレ。


『以上の罪状に、相違ないか。』

『ははぁっ。』

みたいな。


で、
『沙汰を申し渡す。』


ってなるんだよねー。




……アレ?
それ、死亡フラグだよね?

大抵『市中引き回しの上、磔獄門』か『打首獄門』ってなるんだよね!?




「…何か言い遺す事は無いか?」

「!?」


…つ、つつ繋がってるよ!!


死亡フラグ継続中だよ!?


「…無いんだな?」
「まま待ったー!!あるあるっ!」


風前の灯の己の運命を前に、必死に挙手。



「……何だ。」


「……………。」


…当然、何も考えてません。
手を上げたまんま固まるオレが、漸く発した言葉は、


「…異義あり!!」


ビシッと指を西崎に突き付けると、西崎は無表情でそれを見つめ、低く呟いた。


「…引っ立てろ。」


ぎゃー!!


.

[*前へ][次へ#]

3/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!