[携帯モード] [URL送信]

Main
怒られ中。


「……で?」


「……………。」


ベッドに腰掛け足を組み、腕組みをした西崎は、端的にそう呟いて、オレを見下ろした。


対するオレは、西崎の前…床に正座して俯いたまま、顔を上げる事が出来ません。


つむじの辺りに、冷ややかな視線がグサグサ刺さるのは感じる。


頭はかつて無い位フル回転してるが、真っ白のまま。
寧ろ、今そんな事はどうでもいいだろうが!!的な事ばっかり思い浮かぶ。


西崎って、教官、って呼ばれるの似合いそうだよね。
枕詞は鬼で。

…って今そんな事はどうでもいいだろうがー!!



脳内でノリツッコミをオレが繰り広げていると、頭上から西崎の、深ーいため息が落ちてきた。


「…ハァッ。」

「!!(ビクゥッ)」


オレは、ソレに過剰反応し、体を震わせた。



…やべぇ。

冷や汗が、パネェ。


.

[*前へ][次へ#]

2/97ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!