[携帯モード] [URL送信]

Main
2


 腕組みをしたオレは、緩く頷いた。


 芝生の上に横たわるのは、うちの学園の制服を身に纏った、長身の男だ。仰向けでなくうつ伏せなので、顔は見えないが。

 つうか、この通路で人と会ったの初めてかもしれない。倒れているけど。

 ……いやいやいや。
 倒れているんじゃないよ。きっと寝てるんだ。

 脳内で呟き、頭を振る。そして納得したように、うんうん、と一人頷くオレをもし第三者が見かけたならば、恐らく頭がおかしいと怯えられた事だろう。

 確かに、芝生にうつ伏せで寝る人って、あんまり見ないけれど、個人の趣味にケチつけるべきじゃないだろ、オレ。

 そう、寝方なんて千差万別。個人の自由、尊重される権利であるべき、なんて言うか、ぶっちゃけ面倒くさ……ゴホッ、ゲフン!


「…………」


 そこまで考えて、オレは息を吐き出した。

 ……あーあ。どーしよ。マジ面倒臭いんすけど……でも、一応見ちゃったしなぁ。

 一応僅かばかりある良心の訴えに負け、オレは恐る恐る、物体X……ではなく、倒れている通行人Aに近寄ってみる。

 植え込みを跨いで近づき、傍らに膝をつく。
覗き込んでみたが、起きる様子は無い。


「おーい。大丈夫ですかー?」


 口の横に手をあて、呼びかける。

 ……………………。

 数秒待つ。沈黙が流れ、涼やかな風がふんわりと通り抜けるだけ。

 返事は無い。ただの屍のようだ。


 うん。オレ、やるべき事はやったよね!
 会心の笑顔で、滲んでもいない汗を拭う仕草をした。

 諦め早いとか、知った事か。

 では、さようなら。倒れ伏す村人A。……あれ?通行人だっけ?
 まぁそんな事はどうでもいい。オレ、腹減っているんで、昼飯食いたいんだ。

 合掌して軽く頭を下げ、オレは、すっくと立ち上がる。
 成仏しろよと一瞥した後、教室に戻るべく歩き出した。

 ……否、しようと、した。

 ガシッ。

 足を進めようとしたオレの体が、背後にがくんと引っ張られる。


「…………」


 ……あれ、進めないよ?

 何で?

 何でって、それはね……。

 何でか足を掴まれてるからさぁあ!!


「……!!」


 ビビりながらも視線を落とすと、倒れていた人物が、オレの足首をしっかりとつかんでいた。

 怖いんですけど!!
 明るいうちだからいいけど、夜にやられたらホラー以外の何物でもない。ていうか、ぶっちゃけ、昼にやられても地味に怖い。

 貞子かてめえ!!


「……ねぇ」

「!」


 昼間に突如起こったジャパニーズホラーめいた出来事に、固まっていたオレに向け、声がかかる。
 それは勿論、倒れ伏す村、……じゃなくて物体、でもなく……ああもう面倒臭え!!以後Aさんで!!
 とにかくそのAさんが、オレへ声をかけて来た訳だ。


「な……な、何すか?」


 なるべく距離を取ろうとするが、足を掴まれている為、上半身が仰け反る形になる。
 どもりながらオレが問い返すと、Aさんは、ゆっくりと顔を上げた。





[*前へ][次へ#]

14/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!