[携帯モード] [URL送信]

Main
何あれ?


 さて、皆さま!
 改めまして、こんにちは。斎藤凛です。

 せっかくの昼休みを、ダメな大人に減らされた、可哀想な斎藤凛ですよ!

 あの変態クソエロホモ教師、いつか痛い目合わせてやんぜ。月の無い夜は背後に気を付けるんだな……と内心で呪いつつも、教室へ戻ろうとしておりました。

 けれどびっくり!その道すがら、変わった物体を発見してしまったのです!!




 ……以上、テンション高く前ふりを実況してみました。

 何、オレって今日、厄日なの?
目の前の物体を凝視しつつ、オレは自問自答する。

 今日の朝は、寝坊したせいで目覚○しテレビ見てないんだよね。
 カウントダウンで水瓶座は、最下位だったりした訳?誰か教えてくれる??

 つーか、運気回復するには、何食べたらいいんですかー!?

 教えてお姉さーん!!



――遡る事、5分前。

 数学準備室から自分の教室へと、オレは足早に向かっていた。

 さっきまでの忌まわしい出来事は忘れて、取り敢えずグーグーと鳴る腹を満たそう。
オレの昼飯昼飯〜☆親友達は待ってて……くれるはずねぇな。

 自作のメロディラインに、適当な歌詞をつけ脳内で歌っていたが、途中でセルフ突っ込みを入れる。

 西崎は確実に待っていない。断言出来る。
 そして武藤は、オレの弁当まで食い尽くす事はあっても、食べずに待っている事はないだろう。

 でも賢いオレはちゃんと予測済!教室に置いておくと、確実に武藤に食われるから、ちゃんと手元に持ってきてありますよー。

 鼻歌を歌いながらオレは、本校舎に戻るべく記念館の裏の道を歩いていた。

 人通りは、ほとんど……否、全く無い。
きっと新一年の中では、こんな通路がある事自体、知らない人の方が多いだろう。
 オレは身に沁みついた性分で、色んなルートを模索しているから知っているんだけれど。

 うちの学校の本校舎と特別棟は、コの字型に繋がっている。そして数学準備室は、特別棟の端。
 渡り廊下を使って戻るよりも、記念館の裏側を突っ切った方が、断然早い。

 一応舗装はされているが屋根はないので、雨の日は絶対通りたくないが。


「……ん?」


 そんな訳で、ショートカットの途中、オレは、ピタリと足を止めた。
 数歩戻って、目を凝らす。

 今、目の端に何か映ったような……。


「…………」


 オレが今歩いている通路は、直ぐ横に植え込みがある。そして植え込みを挟んだ向こう側には、青々とした芝生が広がっていた。

 そしてその広がる芝生地帯に、横たわる物体X。

 マジマジと眺めた後、オレは目を擦ってみた。
 

「…………」


 残念ながら、何度目を擦っても、物体は消えない。

 

 うん、見間違いじゃないね。人だ。


.

[*前へ][次へ#]

13/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!