[携帯モード] [URL送信]

Main
2
※墨田視点です。


俺に対しても、事の成り行きに関しても、大して興味が無さそうなので、義務的な意味で『一応』俺を呼び出したのだろう。


「…用件、ねぇ。別にオレは、用はないんだけど、上からの命令で、ご挨拶に来ました。」


志藤はそう、飄々と言った。

…やはり、興味が無いようだ。
だが、それは好都合。


本気になったコイツは、かなり厄介だ。

一度、包囲されかけた苦い過去が頭を巡る。


「…なら済んだな。」

「意外とせっかちだね。」

志藤は、苦笑いを浮かべる。


「…て、いうか。君達、何しにこんなトコまで来たの?」


疾うに情報は伝わっているだろうに、志藤はそんな事を聞いてきた。


若干、瞳に、面白がるような光が見え隠れする。


…面倒だな。


「ウチの総長がさ、ずっと探してるコがいるんだよねー。」


「興味無い。」


言い捨てた俺に、志藤は喰えない笑みを浮かべる。


「またまた〜。…君んトコのコだよ?…名前も顔も、一部の幹部以外知らないっていうレアなコ。たまに黒の傍に現われても、シールド下ろしたメットを被りっぱなしで、《陰/陽》の下の奴らの中でも謎な存在だって言うじゃん?」


.

[*前へ][次へ#]

30/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!