[携帯モード] [URL送信]

Main
5
※清水視点です。


「…行きましょうか、青。」


「おう。」


嘆息し、踵を返す陽の後に続き、オレも陰の教室を出た。


…見つからない事に、多少でも落胆している陽を見て、オレは内心、笑いを堪えるのに必死だった。


お前の探している相手なら、コントみたいな方法で逃げて行ったぞ、…って言いてぇ。


本当アイツは、予想を裏切るのが得意だ。

つか、誰かにこれを話した所で信じてもらえる可能性は低いだろう。


よくて、誇張。
悪くて、でまかせ。

そう片付けられんだろーな。


オレでも信じねぇよ。
んなアホらしい事。


「じゃあ、ここで。」

「あぁ。」


自分の教室へと戻る陽の後ろ姿を見送り、オレも教室へ戻るべく、階段をのぼる。


…そーいえば、アイツ、何処行ったんだか。


駆け上がって行った陰を思い出し、ふと思う。


まぁ、隠れる事と逃げる事に関しちゃ、心配ねぇか。


良い気分のまま、オレは口元を緩めた。


「…ホント、飽きねぇな。」


アイツは。


.

[*前へ][次へ#]

25/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!