[携帯モード] [URL送信]

Main
Side 清水
※清水視点です。


「…しょっぱなからトバすなよ。面倒くせぇ。」


オレは、心底面倒だ、という気持ちのまま、しかめっ面をする。


だが目の前の男は、これっぽっちも気にする様子もなく、綺羅綺羅しい美貌で、微笑っていた。


「別に、付いて来て、なんて一言も行ってないですよ?面倒でしたら、自分の教室に戻ったらどうですか?」


…にっこり笑顔で、何とも可愛くない事を言いやがった。

まぁ、コイツを可愛い、なんて思った時点でオレは終わりだ。
寧ろ、そんな自分、死んだ方がいい。


コイツがまともなのは、外皮一枚の話だ。
中から緑色のスライム状のものが溶けだしてきたって、オレは驚かん。

どころか、納得する。


…やっぱりな、って。


「そうはいかねぇんだよ。総長命令だかんな。」

「ご苦労様です。…なら、ブツクサ文句言うの、やめてもらえます?…耳障りなんで。」
ダァンッ!!


パラ…


オレはポケットに手を突っ込んだまま、奴を掠め、向こう側の壁を蹴り付けた。


「なめてんじゃねぇぞ…クソガキ。」


.

[*前へ][次へ#]

21/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!