[携帯モード] [URL送信]

Main
神がかったオレ。


「…分かってるもん、社交辞令くらい。分かってても褒めてもらいたいのが、男ゴコロってモンよ!?」


小芝居調に西崎に主張してみる。

だが、そんなオレを見て西崎は、一生分かと問いたくなるような、深ーいため息をついた。


「ウザイ。」

「酷っ!!…ハる……、西崎の馬鹿ぁっ!!」


小芝居調が抜けないオレは、そのまま悲劇のヒロイン…ていうか浮気夫を詰る昼ドラの妻みたいに、退場してみた。

駆け出して、後ろの扉を開けながら、何処にパンを買いに行こうかと模索するオレ。


突発的行動だった。
…だが、だからこそ断言出来る。


…あの時のオレは、神様的な何かが憑いていた、と。


ガラッ


オレが廊下へ飛び出した瞬間、前の扉も開かれた…らしい。
見てなかったから、なんとも言えないけど。
カラクリ屋敷のどんでん返しみたいだったに違いない。


廊下へ飛び出したオレと、廊下にいた青さんの目が合う。

青さんは、見た事ないくらい、目を見開いていた。

青さんの前にいて、今、オレの教室に入っていったプラチナブロンドの後ろ姿を見て、オレは青さんの驚愕の理由を知る。


…何たる、奇跡的タイミング。

冷静さを取り戻した青さんは、軽い手振りで、オレを追い払う。

オレも、後ろを振り返らずに、一直線に、階段を駆け上がった。


.

[*前へ][次へ#]

20/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!