[携帯モード] [URL送信]

Main
3


授業始まる前に、何か買いに行こうかなぁ。


………あれ?

教室の後ろの入り口で、ひょこっと可愛らしい仕草で、中を覗いている美少年がいる。


「おーい。未来くーん。」


手を振って呼ぶと、目が合った未来君は、大きな目をパチパチと瞬かせる。


「…え。……もしかして、斎藤?」


近寄ってきた未来君は、マジマジとオレを見て、呆然と指差す。


「どうしちゃったの?急に…一瞬、分かんなかった。」

「イメチェン。似合う?」

「うん。意外と茶髪似合うよ。」


「アリガトー。」


やっと普通の反応に出会えたよー。

似合うとは言わないまでも、雰囲気変わったな、くらいでよくない!?

なんで辛口評価のみなの!オレの友達って。


「ほら、似合うって。」

西崎に話題を振ると、既にオレには興味を無くしており、分厚い文庫本を読んでいた。

「…お前は、社交辞令と真実の区別もつかんのか。」


…そうですねー。

アルタの客ばりに、どーでもいい返しを心の中でしてみた。


.

[*前へ][次へ#]

19/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!