[携帯モード] [URL送信]

Main
2


「…ん。」

「……何ですか、この手。」


武藤は、ズイ、とオレに手を突き出した。

目と行動が、『寄越せ』と言ってるのは分かる。
が。
…何を?


……そっと百円玉を、手の平に乗せてみた。


「違ぇよ。」


返された。
お駄賃かと思ったのに。


「カバン寄越せ。」

「は?」


武藤はオレが渡す前に、オレのカバンを掴み、ごそごそ探り始める。

…なーにやってんの??


「……。」


目当てのものを発見したらしー武藤は、用は済んだとばかりに、無造作にカバンをオレに返す。

…てか。


「オレの弁当!」

「迷惑料だ。」


えぇー!!


「今日のメニューは?」


「…ごぼうサラダとアスパラのベーコン巻きに、メインは煮込みハンバーグでございます。」

「ん。これで許してやる。」


う"ぅ…。
お許しを頂きましたが、オレのお昼はどーなるんでしょうか?
ご主人様。


.

[*前へ][次へ#]

18/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!