[携帯モード] [URL送信]

Main
7


「これは、黒さんの意向?」


「……ああ。」


青さんは、オレの目を見ながら頷く。


「…お前は陽に会う気はないんだろう?」


「……今はまだ、その覚悟はありません。」


真っ直ぐに問われ、オレは正直に答えた。

青さんは、苦笑する。

ぽん、て頭を、慰めるみたいに軽く叩かれた。


「少しだけサポートしてやれ、との命令だ。…オレがしてやれるのはこれ位だから、後は自分でなんとかしろ。」


厳しくも聞こえる言葉に、オレは頬が緩んだ。

嬉しくて、笑ってしまう。

優しくて厳しいその言葉は、黒さんそのもの。

全部してくれるんじゃなくて、少しだけ手を貸してくれて、後は信じて見守ってくれる。


「…緊張感ねぇな…。」


ヘラヘラ笑み崩れるオレを見て、青さんは嘆息した。


「…でも、お前のそーゆートコ、オレは結構気に入ってるけどな。」

「へ?」

「総長に頼りっぱなしのお姫様じゃ、あの人の隣にいる資格はねぇ。…お前はギリギリ合格だって言ってんだ。」

「青さん…。」

そう言われて思い出す。
《陰/陽》の幹部連の中で、一番最初にオレを認めてくれたのは、この人だった。

厳しい事も言われたけれど、きちんと認める所は認めてくれるこの人を、オレは密かに尊敬している。


「…有り難うございます。」

「おう。…じゃあもう行くかんな。」


男前に手を挙げて、青さんはさっさと帰って行く。


オレは閉まった扉を見詰め、改めて思う。


「オレって、恵まれてんなぁ…。」


.

[*前へ][次へ#]

13/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!