[携帯モード] [URL送信]

Main
6


「最後に、これをお前に託そう。」


伝説の師匠みたいなことを言って、青さんはオレに何かを差し出した。


「…メガネ?」


それは、ちょっとフレームの太い、いわゆるおしゃれメガネ。

黒縁だが、ガリ勉風ではなく、カッコいい。


「眼鏡はお手軽な変身アイテムだ。簡単なワリに、イメージかなり変わるし。」


眼鏡をかけて、鏡を見る。

…髪の色も変わってるし、もう大分オレっぽくない。

何て言うか、今時の兄ちゃんぽい。
…確かにちょっと勘違いして、はっちゃけちゃった地味男みたいだね…オレ。


「何か聞かれたら、イメチェンだとでも言っとけ。」

「適当っすね。」


言いたいだけ言って、青さんは終了、とばかりに大きく欠伸をしながら、伸びをした。


…まぁ、もうかなり遅い時間だしね。


「…青さん。」

「おい、本名で呼べって…」

「青龍さん。」

「……。」


すぅ、と大きく息をして、オレは真っ直ぐに青さんを見た。


.

[*前へ][次へ#]

12/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!