[携帯モード] [URL送信]

Main
4


青さんはその後も、その話題には触れずに作業を続けてくれ、美容師さながら髪まで洗ってくれた。


「…清水センパイ。」

「あ?」

ドライヤーをかけながら、青さんは返事をする。

サラサラと髪を梳く指が、凄く気持ちいい。


「美容師になった方がいいですよ。…メチャ気持ちイイ…。」


さっきの洗髪も物凄く気持ち良くて、髪を洗ってもらいながらオレは、居眠りしそうになってしまった。


「…お前、無防備だって言われねぇ?」

「は?…何故かよく言われますが。」


眠たいオレは、うっとりと目を瞑りながら頷くと、青さんは呆れたようにため息をつく。


「別の意味で気持ち良くされたくなかったら、そーゆー発言を男に言うのは控えろ。」


…オレも男なんですが。


「…はぁ。」

「絶対、分かってねぇだろ。」


ったく。どーやって教育したら、こんな無防備な天然が出来上がるんだ。って、青さんはブツブツ言ってる。


.

[*前へ][次へ#]

10/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!