[携帯モード] [URL送信]

Main
3


「弟さん?」

「弟3人に妹2人。」

「…大家族っすね。」


青さん入れて6人兄弟って、今時珍しいよね。

でも、賑やかそうで羨ましい。


「毎日煩ぇぞ。喧嘩ばっかしやがるし。」


そう言う青さんの声は、言葉と違い、とても優しかった。


可愛がってるのが、よく分かる。


「…いいなぁ。」


ボソリ、と呟くと、青さんは手を止めた。


ふ、と笑う気配がして、髪を軽く撫でられる。


「お前は?いねぇの?兄弟。」

「……………。」




―――オレは、直ぐに答えられなかった。


詰めてしまった息を、ゆっくりと吐き出して、オレは何も無かったように笑う。


「……いますよ。弟が、一人。」


「……そっか。」


オレの様子に気付きながらも、青さんはそれ以上は突っ込もうとせずに、短く返してくれた。


そんな優しい青さんに甘えて、オレもそれ以上何も言わない。


…オレはまだ、弱いから。


.

[*前へ][次へ#]

9/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!