[携帯モード] [URL送信]

Main
2


青さんはオレを相手にせず、テキパキとオレの首に汚れ防止のタオルを巻き、ビニール手袋をはめる。


サラサラとオレの髪を、意外に長い指が梳く。


「ワックスは…使ってねぇな。」

「ナチュラリストなんで。」

「何の手入れもしてない分際で、煩ぇよ。無造作ヘアとか言ったらシバくぞ。」

「はーい。」


ちょっと調子こいてみたら、バッサリと切られた。


…青さんと仲良かったから、西崎とか武藤とも絡みやすいんだな。


ドS耐性がついてるのか…嫌な発見しちまったぜ。


美容師みたいな繊細な手付きで、青さんはオレの髪を、染め始めた。


少しずつムラにならないように、丁寧に櫛を使う仕草に、オレは思わず感心する。

本当、この人って小器用だよなぁ…。


「あぉ………、清水センパイって、長男っぽいですよね。」

「長男だ。」

おお。
予想通り。

青さんて面倒見良いし、何でも器用にこなすし。

時々、躾っぽい発言するし。


.

[*前へ][次へ#]

8/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!