[携帯モード] [URL送信]

Main
5


「…で?」

「あ"?」

「何用なんですか?青さん…でっ!?」

おもむろにオレの額に伸ばされた指が、容赦無くデコピンを食らわせた。


「学習能力がなさすぎた。…はい、もう一回やり直し。」

「うう"…。」

デコを押さえながら、オレは恨みがましい目で青さんを睨む。

が、青さんは飄々とした態度で、痛くも痒くもありませーん、みたいな顔だ。


「…何用なんですか?清水の次郎長親分。」

「オロすぞ…。」

「に"ゃ!?…何用なんですか…?清水センパイぃ…。」


凄まれて、オレは自主的にテイク3開始。
…情けなくも半泣きで。


「よし。」


漸くオッケー頂きました。

青さんは、腕組みして頷いた。


「…陰、……いや、斎藤凛。」

「…はい。」


青さんは、オレの名を呼んだ。
…本名を。


オレは表情を引き締めて、真っ直ぐに見つめ返す。


「この学校に、陽が来ている。」


.

[*前へ][次へ#]

6/141ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!