[携帯モード] [URL送信]

Main
日常。


「次、何処だっけ?」


 机の中から教科書を取り出しながら、オレは前に向かって問いかける。
 前の席に座る男、西崎は、考える素振りも見せずに、間髪入れずに答えた。


「知らん」

 
 何とも潔い返事を寄越したのは、西崎 春人(ニシザキ ハルト)。
 入学式で意気投合した、一番仲の良いクラスメイトだ。

 オレと同じく、周りに直ぐ様溶け込めそうな平凡な容姿だが、成績はトップクラス。
ちなみに秀才型じゃなくて天才型。

 テスト前に勉強法を聞いた時に、『授業を聞いていれば十分だろう』と鼻で笑われたのは、割と新しい記憶です。しかもノート取っていないと知った時の衝撃ったら無かった。

 コイツの脳みそ、高性能すぎるだろ。

 大体、授業聞いていれば十分とか言うけれど、こいつ、その授業さえも、よくサボっているから。
 
 まぁ、オレもよくサボるから人の事は言えないけど、オレは授業態度に見合ったそれなりの成績だしね。(威張れる事じゃない)


「視聴覚室だっけ?」

「……」


 当てにならない西崎は放っておいて、隣の武藤に訊ねると、彼は無言で頷いた。

 オレの隣の席に座る、無表情の美男子の名は、武藤 蓮(ムトウ レン)という。

 アッシュグレイの髪をワックスで立て、左耳に3つ、右耳に2つのピアスをしている武藤は、外見だけ見ると、まんま不良さんだ。

 背もオレより20p近く高いし、ピクリとも表情を変えない美貌も相まって、かなり迫力があるが、実は結構イイ奴だったりする。

 口数は少ないが、オレにとっては西崎と同じ位大切な友達だ。


「視聴覚室かー……地味に遠くて怠いな」


 さぼるか?

 心の中で呟くと、それを読んでいたかのように、武藤は机の上のオレの教科書を取り上げた。


「……行くぞ」


 ……サボろうとした事は、バレバレだった模様です。

 オレよりよっぽどサボりそうな武藤に、窘めるような視線を寄越されてしまった。
 ただでさえ成績悪い野郎が、いっちょまえにサボってんじゃねぇよ、とのお声が聞こえてきそうです。


「へーい」


 渋々立ち上がり、武藤の後に続く。
 人質ならぬ物質にとられていたオレの教科書を、武藤の手から奪い返し、西崎を振り返ろうとした。

 ――その時。

 スパーン!!

 と、勢いよく教室の扉が開いた。





[*前へ][次へ#]

4/79ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!