[携帯モード] [URL送信]

season
Happy New Year!(2010)お相手;綱吉
「咲穂、結婚しよう」

『………は?』

いきなり何を言い出すんだこの人は。
仮にも歴代最強と言われる現ボンゴレ10代目ともあろうお人が。


「咲穂…俺じゃ、ダメ?」

『う…っ』

そんな捨てられた仔犬の様な目で見ないで欲しい。

どうにも私はこの目に弱いらしい。


『い、嫌では、ないかな…と』


「咲穂っ!」

『ぎゃわっ!』


おおっと、変な声を出してしまったよ。

いきなりボスことツナさんは、私をギュッと抱き締めてきた。


『つ、ツナさん…!』

「咲穂、幸せにするよ」


ツナさんの顔を見る為に、顔を上げると近づいてくる彼の顔。

キスされるのか…

別に、嫌ではない。…ん、それってもしかして私はツナさんのこと…、好き…?

「俺意外のこと、考えないで…咲穂」


もうキスまで数センチというところで、囁くようにそう言われ、心臓が高鳴る。

「好き…愛してるよ、咲穂」

『つ、ツナさ…』

そして私はゆっくりと目を閉じた。



……………

『…………』

いつまで経っても何も起こらず、目を開けてみると。

『………夢、か』

まさかの夢オチ。

ありえない。

しかも新年早々。

それにこれって…


――――――
――――
――…


『っていう夢を見たんです。しかも初夢でですよ。ありえないですよね!』


「………」


そうこれが私の初夢。

初夢なら、こうドーンという凄い夢を見たかったのに。


『って聞いてますか、ツナさん!』


「…聞いてる。それで?俺にどうしろと…?
新年早々、そんなことの為に叩き起こされた俺の身にも…」


『そんなことじゃないです…!私には、大事な事なんですよ!』

全くツナさんったら夢がないんだから。

まったく興味がないような顔をする彼。


「…はぁ。俺、昨日寝るの遅かったんだよね。だから…」

『責任とって下さい!』


「…人の話聞いてないし…それで俺にどうして欲しいの?」

ツナさんは呆れた顔で見てくるがそんなこと気にしない。


『お年玉ください!そして今日は休みをください』

「………さっきの話から一体どうなったらそうなるんだ…」


さっきまでの不機嫌な咲穂はどこにいったのか。

今は笑顔で両手を差し出し、お年玉をねだる彼女は可愛くて。

つい見入ってしまった。

あ、良いこと思いついた。

「咲穂」

『はい!』


目を輝かせて見つめてくる咲穂。


そんな彼女を見た綱吉は顔を赤く染めそうになるが、あくまでポーカーフェイスを演じる。


「ごめんね、咲穂。俺は買い物はカードだから、現金は今すぐには無理なんだ」

『…そうですか』

そう言うと残念そうな顔をする咲穂。


「お金は無理だけど、その代わりにこれをあげる」

そう言って、机の引き出しからあるものを取りだし、咲穂のほうに投げた。


『わっ…!』


咲穂は投げられた物を慌てて受け取る。

『…?』


「開けてごらん?俺からのお年玉」


にこにこしながら見つめられるとなんだか恥ずかしくなる。


そして綺麗に包装されている袋を取ると、指輪を入れるケースが出てきた。


「開けてみて?」


『…指輪?』


そのケースの中には、綺麗なシルバーのリングが入っていた。

『…?なんで私の名前とツナさんの名前が彫られてるんですか?』


「咲穂、結婚しよう」

『!』


……正夢になった。


Happy new year!


2010.1.4. ヒロ


1/1ページ

[戻る]


無料HPエムペ!