[携帯モード] [URL送信]

捧げ夢
♪『魅惑な、果実・前編』ハピバ☆彩美ちゃん【黒ツナ:甘裏】
ピピピッ…


『…38.5℃…』


うう…頭痛い…


昨日の学校の帰り、急な土砂降りに合い、濡れて帰ったのが原因だろう…。
今日学校が休みで良かった。


『…お母さん……って、お父さんと二人で出かけるって言ってたっけ…』


今日は二人の結婚記念日で、早くに出掛けた。それに帰りも遅いと言っていた。


はぁ…、お昼ご飯とか作るの面倒臭いな…


いいや、とりあえず寝てよう…。


もぞもぞと布団の中に潜り、寝ようとした…が、


ピンポーン…


『…………』


寝れなかった…!


『…居留守…使っちゃお』

インターホンを無視し、寝ようとした。留守だと思ってすぐに帰るだろう…と思っていたが…


ピンポン、ピンポン、ピンポン、ピンポン、ピンポン、


『…!!っ、うるさくて、寝れない!誰だよ…っ!』



――――――――
―――――
―――…


『……………』


あまりにもしつこく、煩いインターホンの音に我慢ができず、玄関を開けてみると、そこには幼なじみのツナが立っていた。


「酷いね、彩美…居留守なんて…」


……どっちがだ…!


…なんて思っても言える訳もなく…。


頭が痛いこんな時に来るなんて…

ツナは、私をからかうのが好きみたいで、よく意地悪な事を言う。


風邪ひいたことを知ったら、きっと馬鹿にするだろう…


「…あれ、彩美なんか顔赤くない…?」


『…べっ…別にそんなこと…っ!!』


「…やっぱり、熱っぽい…ちゃんとご飯食べた?薬は飲んだ?しっかり寝てなきゃダメだろ!」


額に手をあて、さらに至近距離で見つめるツナにドキッとした。


…えっ?もしかして、心配してる…?


いつもの意地悪な口調と違って、心配そうに尋ねてくる。


『…えっと…』


「どうせ彩美のことだから、面倒臭がってご飯食べてないんだろ…」


『うっ……ってツナ!何、勝手に入らないで…!』


私の言葉を無視し、ツナは家に入っていった。


「…お粥」

『へ…?』

「ご飯食べてないんだろ?…お粥、作ってやるから、寝てろよ!」


顔を真っ赤にしながら、ツナはそう言うと、台所に行ってしまった。


ツナ…………もしかして、…頭でも打ったのかな?


なんて考えていると、急に頭痛が酷くなり、布団に潜りこみ寝てしまった…。


――――――――
――――――
―――…


―んっ…冷たくて凄く気持ちいい…

まだ覚醒しない頭で、ぼんやり目を開けると、脇に誰かが座っているのが見えた。

『んー…お母さん…?』


「…誰がお母さんだよ」


『…!!ツナ!?』


ガバッと起きると、脇には腕を組んで座るツナがいた。

「あ、ばか!急に起き上がると」


『…っ、いったぁ…』


ツナが脇にいたことに驚き、起き上がろうとしたが、酷い頭痛に倒れた…と思いきやツナによって抱き留められた。

「…ったく、危なっかしいな…」


今の体勢のせいで、ツナの声が耳元から聞こえてくる。
それだけなのに、私の心臓の音が凄くうるさくて…

ツナに気付かれてしまいそう…



…………って、何で私こんなにツナを意識してるの…!

そんな事を頭でぐるぐる考えていると、ツナによって意識が戻された。


「彩美、…お前って…」


『ツナ…?』

「…………いや、なんでもない」


『??』


「…それより、お粥温めてくるから、大人しく寝てろよ」


ツナは何かを言いかけておきながら、布団に私をきちんと寝かせ、足早に部屋から出ていってしまった。


……変なの、ツナどうしたんだろ…?


………


…それにしても、ツナって見かけによらず、結構…筋肉あるんだな…


それにさっき助けてくれたとき、…少し格好よかったな…



……………って!また何考えてるんだ、自分!


『ツナはいつも意地悪で、黒くて…いや、まっ黒くて、大魔王じゃないか!』


「へぇ…随分言いたい放題だね、彩美?」


『ツツツツ…ツナ!?いっい、いつから…?』


いつの間に戻ってきたのか、ツナはお粥を手に立っていた。


「クス、彩美…動揺しすぎ。それに顔真っ赤だけど、大丈夫?」


『だ、大丈夫…!』


「ふぅん…まぁいいや。お粥温めてきたから、冷めないうちに食べちゃえよ」


『うん!ありがとう、ツナ!』

そう言うと、ツナは驚いたまま固まってしまった。


『…ツナ?』


「…彩美、俺が食べさせてあげるよ」


………What?

ようやく口を開いたかと思うと、ツナのいきなりの意外な言葉に驚いた。


そんな私をまったく気にせずに、ツナはレンゲを持つ。

あっという間の出来事で、何も出来ずにいる私だった。


「フー、フー…はい、彩美、あーん…」


『あーん…ん、美味しい』

「そ?よかった」


『……って、私…一人で食べれるよ…!』


そう言い、ツナからレンゲを取ろうとしたが…、いとも簡単にかわされた。


「彩美は病人なんだから、大人しくしてろよ」

『嫌だ…よ、…恥ずかしい…!』


「…もしかして、照れてるの?彩美も可愛いところあるんだね」


ツナはそう言い、面白そうに笑う。

言い返したいが、熱のせいで更に頭が痛くなり、何も言えなかった。…かわりツナを睨みつけた。


「…ごめんごめん。彩美。俺が悪かったよ。」

そしてツナは優しく頭を撫でた。


『ツナ…?』

「彩美……お粥、さめちゃうから、全部食べさせてあげる…」


『…っ!』


ツナの優しい笑顔に私は思わず見惚れてしまった。




「フー、フー…はい、彩美」

『ん…』




結局、ツナにお粥を全部食べさせて貰った。


『……(結構美味しかったな…)』


「彩美、これ風邪薬だから。これ飲んでゆっくり寝てろよ。皿片付けてくるから」


『う、うん…ありがとう、ツナ』


水と風邪薬を渡し、ツナは部屋から出ていった。


ツナに渡された風邪薬を飲むと、熱のせいもあり一気に眠くなって、いつの間にか寝ていた。


―――――――
―――――
―――…


『…んっ…』


額に感じた冷たい感触に目が覚めた。


「あ、彩美起きちゃった?」

『ツナ…?』


いつの間にかツナが居て、私の額には濡れた冷たいタオルがのっていた。


そして枕元にある棚には、氷と水の入った桶(おけ)が置いてある。


「彩美、調子はどう?あ、これ水な。水分とらなきゃな」


『ありがとう…、大分楽になったよ』


ツナに渡された水を飲み答える。

風邪薬が効いたようで、大分楽になった。


「結構汗かいたな。着替え持ってくるよ」


『ありがとう、ツナ』


何気ない気遣いが嬉しくて素直に笑顔を向けた。


「……ごめん、彩美…」

『へ?…あっ…!』


いきなり腕を掴まれたかとうと、そのまま押し倒された。

見上げればツナがいて…


『…ツナ?え?あの…どうしたの?』


「はぁ、俺も修行不足かな…でも、無意識に誘う彩美も悪いよね…?」


『ちょ、ちょっと待って、ツナ!私、病人だよ…?』

「わかってるって。病人だから、あんまり激しくしないから大丈夫だよ。」


いや…大丈夫じゃない…!

ツナは私を組み敷き、ニコニコ笑っている。


そして、ツナはゆっくり私の着ている服のボタンを外し始めた。


『ちょっ…ツナ!あ…!風邪!風邪うつるよ!?』


「クス…彩美の風邪、俺にうつせば治るかもね…」

チュッ…


『…!!』


「彩美…俺が彩美の風邪、治してあげる…」

[*前へ][次へ#]

8/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!