[携帯モード] [URL送信]

捧げ夢
『気付かなかった気持ち・後編』【初代・切→甘裏】☆11111Hit☆伊織様に捧げます!

『へ…?…ひゃっ…!?』

ジョットは軽々と伊織を抱き上げると、執務室の奥の部屋にあるベッドへと向かった。


ポフンと優しくベッドに押し倒されると、すぐにジョットが覆い被さる。


『…ジョット…』


これからするであろう行為に、顔を真っ赤にする伊織。


そんな彼女を、愛おしそうに見下ろすジョット。


この部屋はジョットが疲れたときの為に睡眠用にされている。


(…よく書類整理のとき、さぼってここで寝ているが…。)


その為カーテンは閉められていて、明かりはベッドの脇にある電気スタンドのみである。


その明かりがジョットを妖しく照らす。


凄く色っぽくて、思わず見惚れてしまう。


さっきシャワーを浴びて、着やすいバスローブを着ていたが、ジョットによって脱がされていく。


『…っ』


「伊織…綺麗だ…」


ジョットに全て脱がされ、見つめられ、彼の熱い視線に、顔が熱くなるのがわかる。


ジョットは伊織の肌に手を滑らせる。
そしてその手は傷の所で止まった。


伊織の肌に残る数箇所の切り傷。


カナーザによって、ナイフで服を切られた時についた傷である。


伊織の綺麗な肌に痛々しく残っていた。



「…やはり…あそこに居た連中全て、消してくれば良かった…」


『ジョット…』


「伊織…私が全て消毒してやろう…」


『んっ…あっ!』


首、肩、胸の傷口を舐められていき、所々吸われ、跡を付けていく。


いわゆるキスマークと言うやつだ。


「…可愛い声だな…感じているのか…?」


『…!!そっ、そんなんじゃない…!』


余裕な顔で聞いてくるジョットに悔しくて否定をする。

「…意地っ張りだな…クスクス」


するとジョットに何か火が付いたようで、妖しく笑う。


『あっ…!ジョットそこは…関係な…んっ!』


秘部に手を伸ばすジョットに抵抗すると、唇を奪われた。

何度も何度も舌を絡めとられ、歯列をなぞられ、激しく口内を犯される。


その激しいキスに頭がぼうっとなり、抵抗するのも忘れて感じてしまう。


「…はぁ、伊織…私に伊織の全てをくれないか…?」


ようやく唇を解放されると同時に、ジョットは顔に触れるか触れないかの所で尋ねてきた。


彼の熱い吐息と、眼差しに心臓が高鳴る。


『いいよ…、私もジョットの全て、欲しい…』


「伊織…!」


そう言うと、ジョットは本当に嬉しそうに笑い、何度も名前を呼びながら、嵐のようなキスをする。


『…んっ、ん…』


キスに夢中になっていると、ジョットの手はそっと伊織の胸に触れ、優しく揉み上げていく。


『ん…っ…ん…っ』


胸を揉んでいたジョットの手は、敏感な乳首を愛撫する。


『あ…っ…やっ…んっ』


ジョットの綺麗な長い指で、器用にくりくりと円を描くように刺激する。


そして尖っていく伊織の胸の飾り。


「可愛い、私の伊織…もっと乱れた姿見せてくれ」


『あ、っ…んっ、あっ、あぁ…っ!』


ジョットの片方の手は、ゆっくりと伊織の秘部へと移動し、秘豆に触れる。


『あっ、やっ…!ジョット…、そこは、だめっ…!』

「伊織…」


秘部を激しく上下に擦られ、秘豆を潰され、伊織はあっけなくイってしまった。


『はっ、あっ…ジョット…』

「…伊織、すまない、もう我慢できない」


『へ…?ああっ…!』


ジョットはそう言うと、自身を取り出し、伊織の中に入れる。


そして細い腰をしっかり持ち、何度も激しく突き上げられる。


突き上げられる度に、伊織の唇から漏れる、甘い嬌声が部屋に響く。


『あっん…、ジョット…もう…』


「はぁっ、伊織、イきそうか…?」


尋ねると顔を真っ赤にしながら頷く。


「一緒にイこう、伊織」



『ひゃああー…!』


「くっ…伊織…」


一気に最奥を突かれ、その激しい快感に伊織はイき、ジョットもその締め付けによってイったのだった。


―――――――
――――
――

『ジョット…苦しい…』


「………」


(無視ですか!)


激しい情事の後、ベッドで抱きしめあっている。


というか、ジョットが離してくれないのだ。


そろそろ苦しくなってきたので、離してほしいのだが、彼はその気が全くないみたいで、離してくれない。


『ジョット!いい加減にしないと、怒るよ!』


「…夢みたいでな…」


『夢…?』


「伊織が私のものになってくれるなんてな…夢みたいだ…」


『…ジョット…』


今まで気がつかなかった、この気持ち…、今ならはっきり言えるよ。


『ジョット、愛してる』


とびっきりの笑顔で貴方に伝えたい。

「…!伊織、私も愛してるぞ…!

よし、決めた!明日結婚しよう、伊織」



『えっ?…ジョット、結婚って…私と…?』



「…他に誰がいる、それとも嫌…か…?」


そう言い見上げてくるジョットにドキッとする。


『…っ、嫌じゃないです』

「…!伊織愛してるぞ!」


『えっ?…ジョット…な…何?』


「可愛い伊織を見ていたら、我慢できなくなった…」


『ジョット…っ、あ、ん…っ、ああっ…!』



その後ジョットに、美味しく食べられた伊織だった。




そして翌日、ジョットの宣言どおり伊織とジョットの結婚式が行われた。


終わり!


《おまけ?》

伊織が疲れて寝てしまった時…。


私は伊織を起こさないように、静かに嵐に電話をかけた。



「プリーモ、どうかされました…?」


「嵐…、頼まれて欲しい事があるんだがいいか?」


「はい、お任せください!それで、その内容とは一体…?」


「伊織との結婚式を明日したいんだ、頼んだぞ嵐」


「えっ!?ちょっ、プリーモ…結婚式って…、それにいきなり明日とか無理ですよ…!」


「嵐…私の右腕である、お前にしか頼めないんだ…期待しているぞ」


「…!お任せ下さい、プリーモ!立派な結婚式にしてみせます!」



――――――…



そして次の日、過去最大の結婚式が、盛大に行われたのだった。


今度こそ終わり!



《伊織様へ》
切り番11111Hitありがとうございます!

書くが遅くなってしまい、すみませんでした…!

リクエストのジョット、切→甘→裏夢、書かせて頂きました!
気にいって頂ければ幸いです…(汗

リクエストありがとうございました! ヒロ

[*前へ][次へ#]

7/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!