[携帯モード] [URL送信]

捧げ夢
スイート バレンタイン【雲雀・甘夢】☆2000Hit ちひろ様に捧げます!
―最近、僕の彼女であるちひろの様子がおかしい…。

今日の放課後も…


『ごめん!恭弥!今日、急に用事ができちゃったの!だから、早く帰るね!』

そう言って謝るのは僕の彼女であるちひろ。

「急な用事って、それ何度目?ここ2週間ずっとだよね…ちひろ、僕に何か隠してるでしょ?」

『ななっ…な…なに言ってるのよ、恭弥!私が恭弥にか…隠し事なんて…す…するわけ…な…な、ないじゃない!』

そう言い、明らかに動揺するちひろ。

…動揺し過ぎでしょ…一体、僕に何を隠しているのだろうか…

『じゃ、じゃあ、もう時間がないから、行くね!また明日ね、恭弥!』

ちひろはそう言うと、走って応接室から出ていった。


その日の夕方、僕はいつものように、群れている草食動物を咬み殺す為に、商店街を歩いていた。


「…!ちひろ…?」

そこには急用ができたと帰ったはずのちひろの姿があった。

しかもちひろの隣には、同年代の男がいた…。

二人は楽しそうに話している。

僕は堪えられずその場から立ち去った。


その翌日、ちひろは、いつものように応接室に来た。

『恭弥!今日は何の日か知ってる?…恭弥?どうかしたの…?』

明るく問い掛けてくるちひろ。

ちひろの、その声さえも僕を苛立たせる。

「…僕は忙しいんだ。用がないんだったら、出ていってくれない」

…苛立ちが止まらない…

『恭弥…?なんで怒ってるの?』

「…別に」

ちひろは全くわからないといった様子で僕を見てくる。

『…そうだ!今日は恭弥にプレゼントがあるの!』

「…プレゼント?僕じゃなくて、昨日の彼にでも、あげればいいんじゃないの」

『え…?』

だめだ…苛立ちが止まらない

『恭弥…なんで知ってるの…?』

「昨日偶然、ちひろが男と、歩いているところを、見かけてね…まさかちひろが、僕に隠し事をするなんてね…」

『違うの、恭弥!彼は…!』

「…言い訳なんて聞きたくないよ…ちひろの顔も見たくな…!」

ぎゅっと、抱きしめてくる、ちひろ。手が震えている。きっと泣いているのであろう…

『…ひっく…恭弥っ…そんなこと言わないで…

お願い…私の話…聞いて』
泣きながら、必死に途切れ途切れに話すちひろに、僕は何も言えずに、ただ黙って聞いていた。

ちひろを抱きしめてあげたい、と思いながらも、動けずにいた。


『…ひっく…今日…は…バレンタインだから…恭弥に手づくりの…チョコを…あげようと思って…
従兄弟(いとこ)に作り方…教えて貰ってたの…
昨日はチョコの材料の買い出しに付き合って…もらっただけなの…』

「…従兄弟?」

僕が聞くと泣きながら、首を縦に振る。

…どうやら僕は勘違いをしていたようだ…。

ギュウッ

『…!!』

泣いて下を向いていたちひろを抱きしめた。

「ごめん…ちひろ…僕は勘違いして…」

『恭弥…ねぇ、私のバック開けてみて?』

お願い…と頼んでくるちひろ。

僕はちひろの言う通り、バックを開けた。

そこには綺麗にラッピングされた小さな箱があった。

『…それ、恭弥に…チョコ…貰って…くれる…?』

「…当たり前じゃないか…ちひろからの物だったら何でも貰うよ…」

そう言うと顔を赤くして、嬉しそうに笑うちひろ。

ちひろを疑うなんて、僕は馬鹿だね…



『恭弥…その…恭弥は他の女の子から、チョコ貰ったの?』

「ちひろ以外からのチョコなんて、いらないよ

ねぇ、ちひろ、せっかくのバレンタインなんだから、口移しで食べさせてよ」

『なっ…何言ってるの!恭弥…っ』

「…いや…なの?」

『…っ!き…今日だけ…だからね…!』

「クスッ、大好きだよ、ちひろ」


終わり!


《ちひろ様へ》
切り番2000を踏んで頂きありがとうございます!
リクエストが雲雀さん夢ということで、書かせて頂きました!
バレンタインのお話にしました。楽しんで頂けたら幸いです
遅くなってしまい、スミマセンでした; ヒロ

[*前へ][次へ#]

2/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!