[携帯モード] [URL送信]

捧げ夢
君がいないと【雲雀・甘夢】☆1000Hitの癒音様に捧げます
「旅行…?」

『うん、親とお姉ちゃんとで1泊してくる。すごい有名なとこで、露天風呂とか広いみたい!』

「そう…楽しんできなよ癒音」

『うん!お土産買ってくるからね、恭弥』


癒音との、放課後の応接室での何気のない、会話だった。

まさか僕が、あんなことになるとは、思わなかったよ。



―――――

次の日、今日も群れてる草食動物を咬み殺してきた。

「ふー…癒音、お茶…」


…そうか癒音は旅行行ってるんだった…



「癒音…そこにある書類を……」


「癒音…」

何もやる気になれず、僕はソファーに横になり、そのまま寝てしまった。


…トントン


「…癒音?」

ガラッ

「失礼します、委員長。本日の報告書を持ってきました。…委員長?どうかされました?顔色が悪いようですが…」

「…草壁か…あぁ、何でもないよ…机に置いといて…」

「は…はい。失礼しました。」



(…委員長)





―――――

「ん…癒音…」

『う…や…きょうや…恭弥?』

「…?…!癒音!?」

そこには旅行に行って、いないはずの癒音がいた。

『もう、恭弥ったらまたソファーで何もかけずに寝ちゃって!風邪ひくよ?』

「癒音…旅行はどうしたの?帰りは明日のはずじゃ…」


『え?…あ、実は…草壁さんから電話がかかってきて…』

「草壁から?」

『うん。恭弥には内緒でって言われたんだけど…』


――――

『もしもし…草壁さん?どうしたんですか、急に電話なんて…?』

「癒音さん、急に電話してしまい、スイマセン。すぐに帰って来てもらえませんか?」

『えっ…?』

「急にこんな事、頼んでしまい本当にすいません!!
…ですが、委員長には癒音さんが必要なんです!お願いします」



―――――


『…って、それはもう凄い勢いで…』

「…ちょっと草壁…咬み殺してくるよ」

そう言い、トンファーを持ち立ち上がる恭弥。


『ちょ、ちょっと待って、恭弥!』

「癒音?」

応接室を出ていこうとする恭弥に抱き着いた。


『…私嬉しかったよ。』

「…!」

『それに、私も恭弥がいないと駄目みたい。…何やってても、恭弥の事ばかり考えちゃって…』

「…癒音」

恭弥は癒音をぎゅっと抱きしめた。


『恭弥、大好きだよ』

「僕も大好きだよ…癒音」



どうやら、僕には君が…癒音が必要だ―…



《おまけ》

―実は応接室のドアの前に居た草壁

「(良かったです…委員長…!)」



「(まぁ…今回だけは草壁に感謝かな…)」


終わり!

[次へ#]

1/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!