[携帯モード] [URL送信]

アリスインワンダーランド


一方、チェシャ猫の部屋では…



「…大丈夫かな」

チェシャ猫が誰にともなく、
ぽつりとつぶやいていた。


「アリスは怖がりだから…」

いてもたってもいられない様子で、

(ただし顔は無表情のままだった)


ベッドをぽふ、と叩いたりする。



そしてため息をついて、
ベッドサイドの時計を見た。

近眼のチェシャ猫は、
思いっきり顔をしかめ目を細める。


「10時52分…?」




(11時までに
アリスが来なければ…


僕が訪ねるしかないね…)


それはチェシャ猫にとって
アリスに頼られていないようで

さびしかった。


[*back][next#]

2/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!