[携帯モード] [URL送信]

アリスインワンダーランド
10

「うん。
 『アリスがよく話してる』
 って言ったんだけれど、

 チェシャ猫さんは
 『よく聞くほど、
 アリスとよく話してるんだ』
 って認識をしたのかなあ」



「…」

「愛されてるねえ〜
 素敵な旦那さん〜」


「まだ旦那なんかじゃない!」


「まだ?…いつかなるんだ」



「よ、余計なお世話よ!」


アリスはすっかり赤くなって
ギルから紙袋をもぎとると、

店を出た。



頬が赤いままでは
帰れないので、

アリスは近くの
小さな橋のたもとにおりる。


小川のきれいな水をすくって
頬にぱしゃぱしゃとかけた。



そうして一息つくと、
どこからか泣き声が
声が聞こえてきた。



[*back][next#]

10/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!